慰謝料請求したいのであれば必要な知識から身に付けていこう

Consolation money.com

慰謝料請求したいと思っている人必見の情報

複数の人

準備が必要

慰謝料の請求にはいくつかの準備が必要になってきます。慰謝料請求したいと考えているのであれば、まずは準備から行っていきましょう。必要書類や手続き方法など、事前に調べておくことはたくさんあります。また、きちんと必要書類などが準備されていなければ、慰謝料を請求するのが難しくなってしまうのです。用意するべきものは忘れずに揃えておきましょう。

男性

相手の情報を確認

相手がいなければ慰謝料を請求することができません。また、相手の名前や住所などの情報も集めなければならないでしょう。曖昧な情報では、慰謝料請求を実現するのが困難になってしまいます。また、裁判を起こす際にも情報を確認しておくことが大切なので、早めに調べておくようにしましょう。それでも情報がわからない場合は、弁護士などに依頼すると、簡単に相手の情報を調べることができます。

天秤

証拠を集めておく

慰謝料を請求する場合は、証拠も用意しなければなりません。できるだけ確実な証拠を集めるようにしましょう。例えば、男女間のトラブルなら肉体関係が争点になることが多いのです。肉体関係があるのかないのかはっきりさせる証拠があれば、高額な慰謝料を請求できるようになるでしょう。また、証拠の数が多ければ多い程有利になります。どのようなものが証拠になるかわからない場合にも、弁護士などの専門家に相談して集めておきましょう。

男性

専門家に頼る

慰謝料請求をするのであれば、専門家に頼るのがベストです。基本的には、専門の相談所や弁護士を利用することが多いでしょう。このような専門家に相談すれば、難しい問題も簡単に解決できるようになります。必要書類の準備や相談、裁判になればその対応など、すべての面で安心して任せられます。そのため、納得できる金額の慰謝料が手に入るでしょう。また、慰謝料以外では、社労士に人事や労務の相談をすることも可能です。

大阪の税理士事務所

[PR]
千葉の弁護士に依頼しよう!
経験があるから安心♪

慰謝料請求の流れ

男性

専門家と相談・打ち合わせ

まずは、相談所や弁護士事務所などで相談をします。相談の依頼はメールや電話で行うことができるでしょう。電話であれば、より具体的な相談が可能です。また、相談所では料金プランを選べます。細かい打ち合わせなどは、料金の振り込みが完了してから行うでしょう。

書類の作成

打ち合わせ後に、慰謝料請求通知書を専門家が作成してくれます。ここから本格的に慰謝料の請求が始まると言っても過言ではありません。そして、請求通知書を相手方に送付します。また、慰謝料請求通知書の受理が確認でき次第、相談所などから報告が入るでしょう。

訴訟の手続き

慰謝料請求通知書を相手に送付してから、訴訟の手続きを行うでしょう。基本的に合意書や契約書、返答書面などの作成も行われます。依頼者の要望に応じて相談所が動いてくれるのでとても安心でしょう。また、離婚協議書も作成するのです。依頼者の要求を確認しながら、離婚協議書を作成していきます。

合意後の手続き

離婚協議書の条件を相手方が受け入れたのを確認してから、離婚の手続きを行います。基本的に、ほとんどの場合は離婚協議書を作成した時点で、協議離婚は成立するでしょう。また、調停の申し立てがあっても相談所などが対応してくれるので安心です。スムーズに慰謝料の請求が行えます。

サポートで安心!

基本的に、相談所や弁護士事務所では、慰謝料請求後もしっかりとサポートしてくれます。離婚後の公的サービス紹介や、経済状況改善相談などで、しっかりと依頼者をサポートするのです。

早めに相談

慰謝料の請求などを考えている人がいれば、早めに専門家と相談するようにしましょう。早め早めの対応が、満足な結果を得るためにはとても大切なことになるのです。

横浜で交通事故の相談を対応!

離婚時に慰謝料を請求しよう♪

広告募集中